アーカイブ | 4月 2017

カナガンキャットフードでヘルシーライフ

人間だって健康に気遣う時代ですから、一緒に暮らすペットにもずっと健やかに過ごして貰いたいと思っていた所、ご近所さんから凄くいいキャットフードがあると聞きました。

 

それがカナガンキャットフードです。

 

あまりお店で見かけた事がなかったので調べてみると、通販でしか購入できない特別なペットフードだという事がわかりました。

 

イギリス生まれのこの商品は穀物を一切含有していなくて、低炭水化物だそうです。

 

今流行りのローカーボです。

 

またイギリスの鶏肉を60%使用していて野菜類が豊富に配合されているからヘルシーな上、ハーブ類も含まれているのでフンのにおいもそれ程気にならない、というのがご近所さんからの口コミでした。

 

自分で購入する前に少しおすそ分けしてもらい、うちのやや高齢の猫に上げてみると、

小粒で食べやすいのか、においが美味しそうなのか、美味しそうに食べていました。

 

 

 

 

これなら買っても喜んで食べてもらえるかな、と早速カナガンキャットフードの公式サイトから注文してみようとサイトにいってみた所、詳しく色々と解説が出ていたのでとりあえずまた読んでみました。

 

すると、猫の目の輝きによいとされるタウリンがkg当たり2,200mgも配合されている上、えさの中にミネラルも豊富だという事で、益々健康によさそうだと実感。

 

更に猫はよく尿路結石などになりやすいのですが、クランベリーが配合されている事でそれを防ぐ効果があることが分かり、自信を持って注文するに至りました。

 

 

宅配便で直ぐに届く上、定期便コースを選べば割引も適用になるのでこれは定期便の方がお得と分かり、次回からは定期便を利用する事にしました。

 

一袋には1.5kg入っていますが、未開封なら18ヶ月も保管できるそうなので少し買いだめしてしまってもOKかな、と思います。

 

カナガンキャットフードはお友達の猫ちゃんのお誕生日プレゼントにも最適そうですし、うちの猫も喜んで食べてくれるし、何よりも健康によいという事でとても気に入っています。

 

この投稿はに公開されました。

カナガンキャットフードで2匹の猫が元気に

我が家には10年以上の長生き猫ちゃんと、まだ1年ほどのやんちゃ盛りの猫ちゃんがいます。

 

長生き猫ちゃんのほうはやや老化が始まり、生活習慣病などのリスクも指摘されているので、

ダイエットフードなどを与えているのですが、若い猫ちゃんのエサを勝手に食べてしまうなどカロリーコントロールがなかなかできずにいます。

 

一方のやんちゃ猫ちゃんは人間が食べる物を食べたがり、なかなかキャットフードを食べてくれません。

 

チーズや牛乳、ハムなどをおねだりするのですが、キャットフードを食べてくれないため、仕方ないとあげてしまい、人間の食べ物は塩分が高いから止めるよう獣医師さんに言われ続けています。

 

そんな我が家の2匹のお悩みを一度に解決してくれたのがカナガンキャットフードでした。

 

カナガンキャットフードは幼い猫からシニア猫までライフステージを問わず、安心してあげられる全世代対応型で、化学的な成分や添加物などは無添加で、人間も食べられる高品質な自然な素材のみで作られています。

 

 

ブロイラーばかり食べている人間にも珍しい平飼いされた上質な鶏肉をメインに、

腸内環境を整え、エネルギーにもなるサツマイモや代謝の促進や免疫力アップに役立つ野菜や果物、海藻など、猫には通常あげにくい健康食材も含まれています。

 

さらにマリーゴールドやクランベリー、カモミールなどのハーブ類も含まれていて、尿路結石の予防など疾病予防にも働きかけます。

 

キャットフードの種類が1つだけになったので、老猫が若い猫のキャットフードを奪って食べることもなくなったうえ、これまでキャットフードに見向きもしなかった若い猫ちゃんもカナガンキャットフードは喜んで食べるので驚きました。

 

無添加で安心で高品質な食材を使っているというのが、猫にも分かるのでしょうか。

 

味も美味しいみたいで食いつきがよく、カナガンキャットフードを食べるようになってからは、人間の食べ物を欲しがらなくなりました。

 

この投稿はに公開されました。

肥満が悩みの猫にもカナガンキャットフード

3歳の雌猫を飼っているのですが、肥満の症状にずっと悩まされていました。

 

運動も家で出来るだけ一緒に遊ぶようにして、おこなっているのですが、なかなか肥満体質はよくなりません。

 

この間、動物病院のデジタル機器で体重と体脂肪をチェックしていただいたのですが、やはりかなりの肥満気味ということでした。

 

体脂肪率が35%なので、かなりの体重過剰ということで、普段の餌を見直すようにと注意されました。

 

猫の肥満は、心臓や呼吸器に負担がかかり、糖尿病や椎間板ヘルニアを引き起こす原因となるそうです。

 

とにかく食事量を減らして体重調整をした方がよいと言われました。

 

そこで栄養バランスのよいキャットフードを探していたら、友人からカナガンキャットフードを紹介されました。

 

今までホームセンターなどでキャットフードを購入していたのですが、こうした量販されているキャットフードの成分は安価な材料で出来ているそうです。

 

 

またキャットフードの多くが安い材料である穀類を使用しているため、消化が悪く、腸内環境も悪くなり、糖質過剰となるため、猫が太り易くなってしまうそうです。

 

 

穀類というと、我々人間にとってはご飯やパンなどを食べることはごく普通のことですが、猫にとっては消化の悪いものを食べることによって、健康を害し、肥満の素になってしまうのです。

 

カナガンキャットフードは高品質なタンパク質が含まれているキャットフードですので、猫の健康のためにも、さっそく、愛猫のためにキャットフードをカナガンキャットフードに変えてみることにしたのです。

 

キャットフードのパッケージを見ると、乾燥チキンや、骨抜きチキンの生肉が原料として使用されており、キャットフードにしてはさすがに高級品だなと思いました。

 

太り気味の猫の場合だと、これまでよりも1割ほど減らしてカナガンキャットフードをあげるとよいとありましたので、さっそくいつもの量よりも減らしてみました。

 

一か月ほど経つと体重が1キロ程減り、毛並みもなんとなくですか良くなってきたように感じられました。

 

体重が少し落ちたせいか、動きもなんとなく速くなってきたように感じます。

 

これからもカナガンキャットフードを続けていこうと思っています。

 

この投稿はに公開されました。

カナガンキャットフードは年齢に関係ないのでとても助かる

私は12才と8才、3才の猫を飼っているのですが、昔から猫が大好きで一人暮らしを始めたら絶対に飼いたいと思っていたのでその願いを叶えることができて幸せな生活を送っていました。

 

もちろん大好きな猫と暮らしているからと言って良いことばかりではなく、きちんと世話をしなければならないので大変なことも沢山あります。

 

しかし猫の世話をするのは飼い主にとっては当たり前のことなので私はそれほど苦には感じなかったのですが、キャットフードに関してはとても困りました。

 

 

3匹飼っていると言うことで猫の食費も大変なのですが、それ以上に愛猫が健康に長生きしてくれるにはキャットフードに十分に気を付けなければならないと考えていました。

 

 

しかも猫の年齢に合わせて与える物を変えなければならなかったのでけっこうきつかったのですが、カナガンキャットフードに出合ってからその必要はなくなりました。

 

カナガンキャットフードは年代に関係なく与えることが出来ると言うことで私は直ぐに注文したのですが、今まで全てのライフステージに対応したキャットフードがあることを私は知らなかったのでとても驚きました。

 

また乾燥チキンと生肉チキンが主原料で豚や牛、魚等が使用されていないことも魅力の一つでした。

 

私の飼っている猫の中に魚アレルギーの子がいるのでこの点は気になっていたのですが、魚が入っていないと言うことで安心して与えることが出来ました。

 

その他にも穀物類も人工添加物も入っていないと言う点も飼い主にとってはとても嬉しいことで、特に穀物類が含まれていないと言うのは本当に有り難いことでした。

 

うちの猫は穀物類を食べると直ぐにお腹を壊して大変なことになるので心配だったのですが、穀物類が入ってないと言うことで安心して食べさせることが出来ました。

 

このようにカナガンキャットフードは栄養満点で猫にとってあまり良くない物は含まれていないので大変助かっていますが、特に年代に関係なく与えることが出来る点が私にとっては大きな魅了です。

 

ですから今後も3匹の愛猫にカナガンキャットフードを与えたいと思っています。

 

この投稿はに公開されました。

猫もカナガンキャットフードでセレブミール

人間が食べ物に気を使って、長生きしようとするように、ペットだって体によいものを食べて長生きしてもらいたいと思うのが飼い主の気持ちです。

 

そこで昨今のヘルシーブームに乗って、私もキャットフードの見直しをする事にしてみました。

 

口コミサイトをあれこれ閲覧して、初めて知ったのがイギリスのカナガンキャットフードの存在でした。

 

しかし、ペットショップの店頭で見かけた覚えはありません。

 

それなのにどうして皆さんがカナガンキャットフードを入手しているのかと思ったら通販で購入できるという事で、早速我が家も公式サイトから購入する事にしました。

 

購入前にカナガンキャットフードの詳細について拝読してみた所、今まで自分がこれでよし、と思い込んでいたキャットフードが間違えだらけだったことに気づきました。

 

というのもカナガンキャットフードにはなんと60%もの鶏肉が含まれていて、この淡白質が猫にヘルシーな毛並みと皮膚、筋肉を与えてくれるというのです。

 

 

これまでうちでは穀物主体のえさを与えていた時期があるのですが、これは猫にとってアレルギーや皮膚トラブルを引き起こす原因になっていたという事が分かりました。

 

このほかにも野菜が豊富に含まれていたり、消化を助けるハーブやミネラル一杯の海藻が含まれているという事で、これは買うしかない、と一気に決意しました。

 

 

実際にえさを見てみると、球状ではなくペタンとつぶした形なので食べやすそうですし、人間の私がにおいをかいでみても美味しそうな天然の素材の香がします。

 

実際猫が食べている様子を観察してみると一目散に走ってきて必死に食べているので相当美味しいのだろうな、と察します。

 

一袋で大体1ヶ月は持つ上、旅行時はジップロックなどに小分けしてもっていく事ができるのでとても便利です。

 

何よりも猫が美味しそうに食べてくれる様子を見ると、いい事をしたなぁと思え、又猫の毛並みが以前よりもよくなった気がします。

 

これもきっと穀物を減らして淡白質たっぷりの肉を摂取するようになったからかな、と思います。

 

この投稿はに公開されました。

粒粒のカナガンキャットフード

うちの猫はこれまでウェットタイプのえさを食べていました。

 

しかし、ウェットタイプですと缶を開けた時のニオイや食べ残ししてしまった場合無駄がでたり、空き缶のゴミの問題などがあってやや面倒な点もありました。

 

そんな時にインターネットで知ったのがカナガンキャットフードでした。

 

カナガンキャットフードはイギリス生まれのキャットフードで、ドッグフードのような粒粒形状をしています。

 

 

ドライで小粒なので食べやすいのと、うっかり多めにお皿にだしてしまった場合でもまた袋に戻せるという利点があります。

 

それに大袋入りなのでゴミも少なくて済むのがよさそうだな、と思いました。

 

成分の面では主成分がイギリス産の鶏肉60%という事で、猫の筋肉にはよい栄養素ですし、ヘルシーです。

 

ネットに説明されている所によりますと、人間が食べる事ができるほど、よい素材で新鮮さを重視しているとの事なので、これはかなり高級な猫えさだと実感しました。

 

実際に猫に与えてみると、美味しそうに頭を振って食べ、眼をつぶって 穀物不使用という事で炭水化物が低いためか、何となく肥満気味だったうちの猫も余分な脂肪が落ちたのか、スッとしてきたように思います。

 

また人工添加物を一切使用していないという事でヘルシーなせいか、毛並みがよくなってきたような気もします。

 

 

こうしてみるとただ空腹を満たすためのえさよりも、きちんとヘルシーな材料を用いたえさの重要性というのは大切だな、と私自身目の当たりにする事ができ、愛猫の健康により気を配るようになってきました。

 

なんとカナガンキャットフードはイギリスから輸入しているそうで、パッケージもおしゃれです。

 

それでいてお値段はとてもお手ごろだし、先述したように缶と違ってゴミも減り、えさの量の調整も粒なのでとても管理しやすいのが便利だなぁと実感しています。

 

全年齢の猫に美味しく食べてもらう事ができるというのも魅力的です。

 

これから歳をとっていくうちの愛猫も、これからはずっとカナガンキャットフードにしていきたいと考えています。

 

この投稿はに公開されました。

カナガンキャットフードの口コミのおかげです

我が家の猫たちは凄く偏食家でした。

どこのメーカーが出しているキャットフードを与えても、一口食べては御馳走様の繰り返しでした。

 

キャットフードの代わりに、毎回焼いた魚を食べさせていましたが、これはすごくコストと手間がかかるので、どこかに美味しいキャットフードがないのかなと思い悩んでいました。

後日、猫たちがたべるエサを求めてペットショップへ行くと、顔見知りの愛猫家さんとエサの話で盛り上がりました。

 

とにかくキャットフードを食べないので、焼き魚ばかり食べていると愚痴を言ったら、素晴らしい口コミを教えてくれました。

 

猫の食いつきがすごく良いと評判のカナガンキャットフードです。

 

このキャットフードはペットショップで見かけたことがないと思ったら、イギリスで製造されているので日本の小売店で見かけることはないのも納得です。

カナガンキャットフードの原材料は、猫が喜ぶ原材料が豊富に使われています。

 

乾燥チキンと生肉チキン、尿路の動きを正常にするクランベリーや消化の悪い穀物の代わりにサツマイモが使われています。

それに凄く嬉しいのが人工添加物が一切使用されていないことです。

 

 

添加物は人間や猫にとってもすごく気になるものです。

添加物フリーだと安心して与えることができます。

 

実際に口コミを信じてカナガンキャットフードを与えてみると美味しそうに食べています。

 

 

あれだけ市販のキャットフードを嫌がっていたのに、このキャットフードだけはすごく美味しそうに食べて、食べ終わった後もおねだりをするほどです。

こんなに食いつきが良いと思わなかったです。

 

あの口コミは本当だったのだと感動しました。

 

 

それに我が家では猫たちの年齢がバラバラですが、カナガンキャットフードの対象年齢も全ての年齢に対応しているので、凄く便利です。

あれから猫たちはご飯の時間が待ち遠しくてたまらない様子です。

 

愛猫家の口コミのおかげで、エサの悩みをスッキリ解消できました。

 

 

この投稿はに公開されました。

カナガンキャットフードに変えてから食い付きがいいです

飼っている猫の調子がよくなかったので、キャットフードを見直そうと考えました。

 

そしてカナガンキャットフードを試してみたのですが、今まで試してきたキャットフードとは一味違うと感じたのです。

原材料ですが穀物を一切使用していないので、消化不良を起こす心配もなく安心して食べさせられます。

 

猫は人間と違ってでんぷん質のタンパク質を分解できないので、穀物類をたくさん食べられないので助かります。

 

そして人間が食べられるもののみで作られていますし、添加物が一切入っていないので、安全に食べさせられる点でも気に入りました。

さっそく食べさせてみたのですが、とてもおいしいのかパクパクと食べてくれたのです。

 

 

食欲旺盛な方ではなかったのですが、カナガンキャットフードに変えてからは食べるスピードも速くなりました。

食い付きがよいので、見ている方も気持ちが良いです。

 

乾燥チキンや骨抜きチキン生肉、さつまいもやじゃいもなどが含まれています。

 

 

 

チキンは好物なので、嬉しくて食べっぷりも良かったのでしょう。

キャットフードを変えると、食べてくれないこともあったのですが、今までで1番気に入ったようで良かったです。

フードの粒についてですが、直径約1センチの丸型で食べやすいとの体験談を読みました。

我が家の猫は年齢も重ねてきたので、大きすぎると食べづらいようです。

 

しかし直径約1センチなので、口にも入れやすくてスムーズに食べていました。

 

 

カナガンキャットフードですが、全年齢の猫に試すことが出来るのもメリットだと思います。

 

成長にあわせてキャットフードを変える手間もありませんし、我が家は歳が少しいった猫が1匹いるだけですが、

若い猫や歳をとった猫を数匹飼っている家庭でも気軽に取り入れられるのもメリットだと感じます。

 

カナガンキャットフードを試してから、少し便が柔らかくなったのですが、しばらくすると戻りました。

 

そして便秘になることもなく、健康にも生活できるようになり嬉しく思っています。

 

 

この投稿はに公開されました。

可愛い猫ちゃんに口コミで大人気のカナガンキャットフードを

つちの猫は美味しい物を食べ過ぎたのか少し太り過ぎで、獣医さんから生活習慣病のリスクが高いので食事に気を付けるようにと言われています。

 

食いつきがいいので、市販の缶詰タイプのキャットフードばかり与えていて、欲しがるままに多めにあげていたのも悪かったと思います。

 

缶詰をやめて、しばらくはササミや白身魚などを湯がいてあげていたのですが、手間がかかるし、思うように食べてくれないときもあり、悩んでいました。

 

 

そこで何か美味しく食べられて、体にいいものはないかとネットで探していたところ、愛猫家の口コミで話題になっているカナガンキャットフードを見つけました。

 

カナガンキャットフードは獣医師さんの推薦もあり、厳選素材を使っているだけでなく、無添加で人間でも食べられるほど安全なものだといいます。

 

猫に本来必要ない穀物が入っていないのでグレインフリーですが、食物繊維の補給のためにサツマイモが配合されています。

 

人間の食材としてさえ、なかなか流通していないホルモン飼料などを使っていない、平飼いで育てられた鶏の肉や鶏脂、

栄養価の高い卵、DHAや若返り成分も期待されるサーモンオイルや、毛艶をよくする海藻類まで配合されています。

 

 

リンゴや人参、ほうれん草など猫への食事としては混ぜにくい野菜や果物まで配合されているので、いかにも体に良さそうです。

 

尿路の機能維持に働きかけるクランベリーも配合されているとのことで、

尿管結石などにかかりやすい猫のフードとしては最高だと感じました。

 

肝心の食いつきも抜群ですが、美味しくて満足できるのか、定められた量以上は欲しがらなくなりました。

 

 

口コミで食生活が規則正しくなるとか、食が細かった子はしっかり食べるようになり、

食べ過ぎの肥満児は次第に適正体重になってくると体験談に書かれていたのも間違いではないと感じました。

 

口コミでカナガンキャットフードを知ったおかげで、うちの猫も少しずつスリムになってきて、先日は獣医師から褒められました。

 

 

この投稿はに公開されました。

すべてのライフステージに対応できるカナガンキャットフード

子どもの頃から猫が大好きで、現在も5匹の猫を飼っており、12歳が2匹、5歳の猫が一匹、そして2歳の2匹の兄弟がいます。

年代は違うものの、それなりに仲が良いのですが、悩みは食事の用意です。

 

高齢の12歳の猫たちにはそろそろ腎臓病などの病気の予防を意識したフードを与えたいですし、

若い2歳の猫たちにはまだまだ栄養価の高いフードは必要です。

 

そして、5歳の猫はそれほど食べないにかかわらず、肥満気味ですので、ダイエットを意識したフードが必要です。

 

 

それゆえ、フードも何種類も用意しているのですが、高齢の猫用を若い猫が食べてしまったり、好みに合わないで食べてくれないなど色々な悩みがあります。

できれば全員が同じフードで安心して与えられるものをと探していたところ、見つけたのがネットでも人気が広がっているカナガンキャットフードです。

 

 

こちらはイギリスの高品質なキャットフードで、全猫種、ライフステージに対応していますので、年代が違う猫たちにも安心して与えることができます。

 

そして、今まで市販の安いフードを与えていたときは、一部のフードで吐き戻しが多いことも気になっていたのですが、こちらのフードを与えるようになってから、そうしたこともかなり減りました。

 

アレルギーとなる穀物が使用されていないこと、人工添加物など体に負担になるものが入っていないのも安心感があります。

 

 

 

カナガンキャットフードの食いつきは良いほうですが、一部の猫は最初あまり食べなかったので、まずは普段のフードに少しずつ混ぜて増やしていく方法で慣らせることにしました。

 

とても良いフードだと感じていますが、やはりいつでも新鮮なものを与えてあげたいので、小袋に分けて入っているとさらに良いなと思っています。

 

 

そして保存に便利なように密閉用のファスナーがついていればもっと便利ですので、袋の改善が行われればさらに良いですね。

 

カナガンキャットフードは定期コースがあるので、切らす心配はありませんし、お店で探し回る手間がなく手軽に入手できる所も気に入っています。

 

この投稿はに公開されました。