肥満が悩みの猫にもカナガンキャットフード

3歳の雌猫を飼っているのですが、肥満の症状にずっと悩まされていました。

 

運動も家で出来るだけ一緒に遊ぶようにして、おこなっているのですが、なかなか肥満体質はよくなりません。

 

この間、動物病院のデジタル機器で体重と体脂肪をチェックしていただいたのですが、やはりかなりの肥満気味ということでした。

 

体脂肪率が35%なので、かなりの体重過剰ということで、普段の餌を見直すようにと注意されました。

 

猫の肥満は、心臓や呼吸器に負担がかかり、糖尿病や椎間板ヘルニアを引き起こす原因となるそうです。

 

とにかく食事量を減らして体重調整をした方がよいと言われました。

 

そこで栄養バランスのよいキャットフードを探していたら、友人からカナガンキャットフードを紹介されました。

 

今までホームセンターなどでキャットフードを購入していたのですが、こうした量販されているキャットフードの成分は安価な材料で出来ているそうです。

 

 

またキャットフードの多くが安い材料である穀類を使用しているため、消化が悪く、腸内環境も悪くなり、糖質過剰となるため、猫が太り易くなってしまうそうです。

 

 

穀類というと、我々人間にとってはご飯やパンなどを食べることはごく普通のことですが、猫にとっては消化の悪いものを食べることによって、健康を害し、肥満の素になってしまうのです。

 

カナガンキャットフードは高品質なタンパク質が含まれているキャットフードですので、猫の健康のためにも、さっそく、愛猫のためにキャットフードをカナガンキャットフードに変えてみることにしたのです。

 

キャットフードのパッケージを見ると、乾燥チキンや、骨抜きチキンの生肉が原料として使用されており、キャットフードにしてはさすがに高級品だなと思いました。

 

太り気味の猫の場合だと、これまでよりも1割ほど減らしてカナガンキャットフードをあげるとよいとありましたので、さっそくいつもの量よりも減らしてみました。

 

一か月ほど経つと体重が1キロ程減り、毛並みもなんとなくですか良くなってきたように感じられました。

 

体重が少し落ちたせいか、動きもなんとなく速くなってきたように感じます。

 

これからもカナガンキャットフードを続けていこうと思っています。