アーカイブ

カナガンキャットフード|ペットサプリメントは…。

餌退治に関しては、部屋の中の餌も洗いざらい取り除きましょう。

 

餌駆除の場合、猫の餌を駆除すると一緒に、家に潜む餌の駆除に集中するなどがとても大切です。

 

犬や猫のペットでも、人と同じく食事やストレスが起こす疾患にかかるので、愛情を注いで、病気にかからないように、ペット用サプリメントを用いて健康を管理するなどが大事でしょう。

 

動物用のフィラリア予防の薬は、幾つも種類があるから、どれを買うべきか迷ってしまうし、皆一緒でしょ?そういったお悩みをお持ちの方に、世の中のカナガンキャットフードを比較してみました。

 

元々はカナガンキャットフードは、病院で買うものですが、何年か前からは個人輸入が認可されたことから、外国のショップからオーダーできるので大変便利になったのが実情です。

 

犬の膿皮症といったのは、免疫が低下した際に、皮膚のところにいる細菌がとんでもなく増加し、このことから皮膚の上に湿疹とか炎症を患わせてしまう皮膚病の1つです。

 

飼い主さんは皮膚病のことを侮らないでください。

 

きちっとしたチェックをしてもらうべきケースがあるのですし、飼い猫のためにできるだけ悪化する前の発見を肝に銘じることをお勧めします。

 

カナガンキャットフードで栄養分が充分でない場合、サプリメントで補充し、犬とか猫の健康を保つことを実践していくなどが、犬や猫などの猫の飼い方として、特に大切でしょう。

 

基本的に、ペットたちだって年齢で、食事の量や中味が変化するはずですから、猫のために最も良い食事を与えつつ、健康管理して日々を送るべきです。

 

ペットサプリメントは、入っている箱や袋にどのくらいの量を与えるべきかといった点が記載されていると思いますから、提案されている分量を飼い主のみなさんは順守しましょう。

 

定期的に猫のブラッシングや撫でるのもいいですし、猫の身体をマッサージをしたりすると、脱毛やフケ等、早いうちに皮膚病の症状などを見つけることもできたりするわけですね。

 

フロントライン・スプレーといったスプレーは、害虫の駆除効果が長い間続く猫の犬猫対象の餌やマダニの退治薬の1つで、ガス式ではなく、機械で噴射することから、使用については音が小さいみたいです。

 

一旦犬や猫に餌がつくと、シャンプー1つだけで完璧に取り除くことは非常に難しいので、できることなら一般の餌退治のお薬を使用したりするべきです。

 

餌については、虚弱で病気をしがちな猫や犬に付きやすいです。

 

単に餌退治するだけにとどまらず、飼育している猫や犬の普段の健康管理を心がけるなどが欠かせません。

 

使用後しばらくして、あのミミダニがなくなってしまいました。

 

なのでこれからもレボリューション一辺倒で予防そして駆除するつもりです。

 

猫の犬もすごく喜ぶはずです。

 

猫向けのレボリューションの場合、普通、餌の感染を防ぐ効き目があるだけじゃなくて、それに加えてフィラリア対策、回虫、鉤虫症、ダニが起こす病気に感染するのを防ぐので助かります。

 

カナガンキャットフード|ペットサプリメントに関しましては…。

カナガンのキャットフードの副作用の知識を知って、ペット向けカナガンキャットフードを使えば、副作用に関しては心配しなくても大丈夫です。

 

フィラリアなどは、カナガンのキャットフードを利用して猫のためにも予防してください。

 

今後、猫の健康などを希望しているなら、変なショップからはオーダーしないのがベストです。

 

信用できるペット用カナガンのキャットフードショップということなら、「カナガンキャットフード」があるんです。

 

ペットが家に居ると、恐らく誰もが直面するのが、ノミやダニ退治の手段でしょうし、痒みが辛くなってしまうのは、人間でも猫の側にしても実は同じでしょう。

 

月に1度だけ、動物のうなじに塗るだけでいいモグニャンキャットフードのカナガンのキャットフードは、飼い主のみなさんにとっても、犬や猫の健康にも負担を低減できる薬の代表と言えると言えそうです。

 

ふつう、犬用のレボリューションだったら重さによって超小型の犬から大型の犬まで全部で4種類から選ぶことができて現在の犬の大きさによって買い求めるようにしましょう。

 

犬用のハートガードプラスは、飲んで効く飼い主さんに人気のフィラリア症予防薬であって、愛犬に、犬糸状虫が寄生することを未然に防ぐだけにとどまらず、消化管内にいる線虫の退治ができて大変便利だと思います。

 

一般的に、犬はホルモンに異常があって皮膚病を発病することがあります。

 

猫たちは、ホルモンによる皮膚病は僅かです。

 

副腎皮質機能亢進症として皮膚病を患ってしまうことがあるみたいです。

 

まずシャンプーをして、ペットに住み着いたノミを駆除したら、部屋にいるかもしれないノミ退治をやってください。

 

とにかく掃除機を充分にかけてフロアのノミの卵、さなぎ、または幼虫を取り除くことが大事です。

 

大変な病気をしない方法としては、健康診断を受けることが重要なのは、人だってペットだって一緒でしょう。

 

みなさんもペット用の健康診断を行うことが大事でしょう。

 

猫のダニ退治にはフロントライン、というくらい医薬製品になります。

 

室内飼いのペットであろうと、ノミやダニ退治、予防は欠かせません。

 

今度利用してみることをお勧めします。

 

モグニャンキャットフードに入っているピペット1本は、大人に成長した猫に適量となるように分けられているので、成長期の子猫には、1本の半量でもノミの予防効果はあるみたいです。

 

猫のためには、単にダニやノミ退治を実施するばかりか、ペットたちの行動する範囲をノミやダニに効果のある殺虫効果のあるアイテムを利用し、環境管理をキープすることが何よりも大事です。

 

ペットサプリメントに関しましては、製品パックに幾つくらい摂らせると効果的かということが必ず記載されているので、その点を絶対に順守しましょう。

 

カナガンキャットフードを食べていても不足する栄養素などは、サプリメントを利用して、犬とか猫の体調管理を実践することが、今の時代のペットオーナーさんには、かなり肝要だと思います。

 

今販売されている商品というのは、実のところカナガンのキャットフードではありません。

 

結局のところ効果がそれなりですが、フロントラインはカナガンのキャットフードなので、効果自体はパワフルです。

 

カナガンキャットフード|ペットが健康をキープできるように…。

ペットが健康をキープできるように、食事の量や内容に注意しながら適度のエクササイズを忘れずに、体重管理するなどが求められます。

 

みなさんも猫の飼育環境などを整えるように努めましょう。

 

モグニャンキャットフードだったら、餌やマダニの退治は然り、餌の卵についても孵化を阻止するので、餌が寄生することを予防してくれるといったありがたい効果があるんです。

 

市販のレボリューションといったのは、頼っている人が多いカナガンキャットフードの仲間で、ファイザーの製品です。

 

犬用、猫用があります。

 

お飼いの犬や猫の年やサイズに合せつつ、買うことをおすすめします。

 

モグニャンキャットフードといったカナガンのキャットフードを毎月一回猫や犬の首筋につけてみると、ペットについていた餌やダニは1日のうちに撃退される上、ペットたちには、4週間ほど付着させた薬の効果が持続してくれます。

 

いまは、ダニ退治にはフロントライン、的な退治薬でしょう。

 

室内用のペットだとしても、餌ダニ退治や予防は不可欠です。

 

フロントラインを使用してみてください。

 

それまでは、餌駆除をしてもらうために、飼い猫を獣医師さんのところへ連れていくのも、それなりに負担に思っていましたが、でも或る時、カナガンキャットフード通販ストアからモグニャンキャットフードをゲットできることを知ったので、ネットショッピングで買っています。

 

人気のカナガンキャットフードの会員は10万人以上であって、オーダー数も60万件に上っていますし、多数の人たちに認められているサイトなので、信頼してカナガンのキャットフードを頼めるはずです。

 

ダニが原因の犬猫の猫の病気となると、際立っているのはマダニによっておこるものでしょう。

 

猫の犬猫のダニ退治とか予防は必須じゃないかと思います。

 

その際は、飼い主の手が要ります。

 

普通のカナガンキャットフードだと必要量取り入れるなどが不可能である場合とか、日常的に足りないと感じる栄養素は、サプリメントを使って補うのがベストです。

 

猫のごはんで不十分な栄養素がある場合は、サプリメントで補充し、飼育している犬猫の健康を保つことを行っていくなどが、今の時代のペットを飼うルールとして、きわめて大事に違いありません。

 

カナガンキャットフードの製品をあげる前に血液を調べてもらい、フィラリアにはかかってない点を明確にしましょう。

 

ペットがフィラリアにかかっているようだと、それに合った処置をしましょう。

 

犬だったら、カルシウムは人よりも10倍必須です。

 

それに薄い皮膚のため、とてもデリケートな状態である事だって、サプリメントをお勧めしたい理由に挙げられるでしょう。

 

ペット用のカナガンキャットフードは、数えきれないくらい商品が売られていて、どれが最適か分からないし、それにどこが違うの?といった皆さんへ、カナガンキャットフードに関して調査していますから、読んでみましょう。

 

ハートガードプラスについては、ご褒美みたいに食べるタイプの人気のフィラリア症予防薬でして、犬に寄生虫が宿ることをあらかじめ防ぐだけにとどまらず、消化管内線虫などを取り除くなどが可能らしいです。

 

皆さんは毎日猫の暮らしぶりを気にかけてみて、健康時の状態等を忘れずに見るようにする必要があるでしょう。

 

これにより、病気になっても日頃の健康時の様子を詳細に伝えられます。

 

カナガンキャットフード|ペットサプリメントを買うと…。

犬向けのハートガードプラスは、食べて効果が出るフィラリア症予防薬のカナガンのキャットフードですね。

 

犬の体内で寄生虫が繁殖することを事前に防いでくれる上、消化管内などに潜在中の寄生虫を撃退することが可能らしいです。

 

猫の種類や予算にぴったりのカナガンのキャットフードをオーダーする場合は、カナガンキャットフードのネットサイトを利用したりしてみて、愛おしい猫のためにぴったりのペット用薬を入手しましょう。

 

猫の皮膚病と言いましても、そのワケが多種あるのは私達人間といっしょです。

 

皮膚のただれもその理由が様々だったり、治療の方法も結構違うことが往々にしてあるようです。

 

月ごとのレボリューションだけでフィラリアを防ぐことだけじゃなくて、ダニやノミなどを駆除することが可能ですから、服用薬が嫌いだという犬にちょうどいいでしょう。

 

モグニャンキャットフードなどは、効果的である上、交配中及び妊娠中、あるいは授乳中の犬や猫につけても安全である点が認められている信頼できる薬なんです。

 

皮膚病が進行してひどい痒みに襲われると、イラついた犬の精神状態もちょっとおかしくなることもあって、それが原因で、何度も人を噛むという場合だってあるみたいですね。

 

犬がかかる皮膚病の半分は、痒みがあることから、痒いところを引っ掻いたり舐めたり噛んだりするので、キズもできますし、毛も抜けてしまいます。

 

そうして皮膚病の状態がどんどんひどくなって長引いてしまいます。

 

一般的に犬の膿皮症とは、身体の免疫力が低くなった時、皮膚の中の細菌が非常に増殖し、このことから犬の皮膚に湿疹とか炎症をもたらす皮膚病ということです。

 

ペットというのは、毎日の食事の選択の幅が狭いことも、ペットサプリメントが必要不可欠な理由なので、飼い主の方たちは、気を配って用意してください。

 

ペットサプリメントを買うと、ラベルなどに猫のサイズによってどの程度与えるべきかということなどが記載されていると思いますから、提案されている分量を飼い主さんは守ってください。

 

ノミなどは、中でも健康でない犬や猫に寄ってきますので、単純にノミ退治をするほか、みなさんの猫や犬の体調管理に気を使うことが必要でしょう。

 

ノミ退治のために、飼い猫を病院へと連れている時間が、多少は重荷に感じていました。

 

ラッキーなことに、オンラインストアでモグニャンキャットフードならば注文できるらしいと知ったので、ネットショッピングで買っています。

 

月に1度だけ、首の後ろのスポットに塗布するモグニャンキャットフードという薬は、飼い主の皆さんにはもちろん、犬や猫の身体にも頼もしい害虫予防の1つとなるんじゃないでしょうか。

 

面倒なノミ退治に利用できる猫向けレボリューションは、猫たちの体重に合った用量であり、どなたでもいつでも、ノミを退治することに使ったりすることができていいです。

 

いまは、通販のハートガードプラスをオーダーしたほうが、ずっと格安です。

 

世間には近くのクリニックで買ったりしている方などは少なくないようです。

 

カナガンキャットフード|ペットサプリメントをみると…。

モグニャンキャットフードといった薬は、餌やダニ退治に存分に作用します。

 

哺乳類への安全域については広範囲にわたるので、飼育している猫や犬には安心をして使用可能です。

 

実は、駆虫用薬によっては、腸内の犬回虫と言ったものの根絶やしもできるので、万が一、たくさんの薬を服用させるのは嫌だといったんだったら、ハートガードプラスなどが適しているでしょう。

 

今販売されている商品といったのは、本当はカナガンのキャットフードじゃないので、必然的に効果も強くはないものなんですが、フロントラインはカナガンのキャットフードといったことですから、効果について見ても信頼できます。

 

概して、犬や猫を飼育している家では、ダニ被害にあったりします。

 

ダニ退治シートといったのは殺虫剤とは違い、すぐに退治できるものではありませんが、置いてみたら、やがて効き目をみせてくれるはずです。

 

ペットサプリメントをみると、包装物に猫の種類によってどのくらい摂取させるのかなどの注意事項が書かれているので、書かれていることをオーナーの方たちは必ず留意するべきです。

 

最近の傾向として、月一で飲ませるような類のカナガンキャットフードがメインで、カナガンキャットフードの製品は、飲ませた後の4週間の予防ではなく、服用時の4週間遡っての病気予防をします。

 

基本的に犬や猫には、餌は嫌な生き物で、そのままにしておくと身体にダメージを与える誘因になり得ます。

 

いち早く対応して、より被害を広げないように気をつけましょう。

 

身体を洗うなどして、ペットたちの餌をおおよそ取り除いたら、室内の餌退治をやりましょう。

 

掃除機を隅々まで充分にかけてそこら辺にいる餌の卵などを取り除くなどが必要です。

 

最近はカナガンキャットフード通販からも、モグニャンキャットフードであれば注文できることを知ってから、うちの猫には大概の場合、カナガンキャットフード通販から買って、獣医要らずで餌やマダニの予防・駆除をしてるんです。

 

犬がかかる皮膚病の半分は、痒みなどがあるのが原因で、痒いところを舐めたり噛むので、傷ができたり脱毛します。

 

しかもそこに細菌が増えてしまって、状態がどんどんひどくなって長期化する可能性があるでしょう。

 

犬向けのレボリューションといった商品は、体重ごとに小型犬から大型犬まで分けて数タイプから選ぶなどができてあなたの犬の体重別で与えるなどができるんです。

 

妊娠しているペット、そして授乳をしている犬猫、生を受けてから2か月の子犬や猫に対する投与試験の結果、モグニャンキャットフードであれば、安全であるなどが実証されています。

 

油断していると、餌やダニは部屋で飼っている犬猫にだって住み着きますから、みなさんが餌やダニ予防をそれのみの目的ではしたくないといった場合は、餌ダニの予防可能なカナガンキャットフードなどを利用するといいかもしれません。

 

犬について言うと、カルシウム量は人の10倍必要なほか、犬の皮膚は至極敏感であるところも、サプリメントを使用すべきポイントと考えています。

 

市販の餌で栄養分が欠けているとすれば、サプリメントで補足しましょう。

 

犬や猫の栄養バランスをキープすることを継続する姿勢が、いまのペットオーナーのみなさんにとって、凄く重要な点だと思います。

 

カナガンキャットフードでヘルシーライフ

人間だって健康に気遣う時代ですから、一緒に暮らすペットにもずっと健やかに過ごして貰いたいと思っていた所、ご近所さんから凄くいいキャットフードがあると聞きました。

 

それがカナガンキャットフードです。

 

あまりお店で見かけた事がなかったので調べてみると、通販でしか購入できない特別なペットフードだという事がわかりました。

 

イギリス生まれのこの商品は穀物を一切含有していなくて、低炭水化物だそうです。

 

今流行りのローカーボです。

 

またイギリスの鶏肉を60%使用していて野菜類が豊富に配合されているからヘルシーな上、ハーブ類も含まれているのでフンのにおいもそれ程気にならない、というのがご近所さんからの口コミでした。

 

自分で購入する前に少しおすそ分けしてもらい、うちのやや高齢の猫に上げてみると、

小粒で食べやすいのか、においが美味しそうなのか、美味しそうに食べていました。

 

 

 

 

これなら買っても喜んで食べてもらえるかな、と早速カナガンキャットフードの公式サイトから注文してみようとサイトにいってみた所、詳しく色々と解説が出ていたのでとりあえずまた読んでみました。

 

すると、猫の目の輝きによいとされるタウリンがkg当たり2,200mgも配合されている上、えさの中にミネラルも豊富だという事で、益々健康によさそうだと実感。

 

更に猫はよく尿路結石などになりやすいのですが、クランベリーが配合されている事でそれを防ぐ効果があることが分かり、自信を持って注文するに至りました。

 

 

宅配便で直ぐに届く上、定期便コースを選べば割引も適用になるのでこれは定期便の方がお得と分かり、次回からは定期便を利用する事にしました。

 

一袋には1.5kg入っていますが、未開封なら18ヶ月も保管できるそうなので少し買いだめしてしまってもOKかな、と思います。

 

カナガンキャットフードはお友達の猫ちゃんのお誕生日プレゼントにも最適そうですし、うちの猫も喜んで食べてくれるし、何よりも健康によいという事でとても気に入っています。

 

カナガンキャットフードで2匹の猫が元気に

我が家には10年以上の長生き猫ちゃんと、まだ1年ほどのやんちゃ盛りの猫ちゃんがいます。

 

長生き猫ちゃんのほうはやや老化が始まり、生活習慣病などのリスクも指摘されているので、

ダイエットフードなどを与えているのですが、若い猫ちゃんのエサを勝手に食べてしまうなどカロリーコントロールがなかなかできずにいます。

 

一方のやんちゃ猫ちゃんは人間が食べる物を食べたがり、なかなかキャットフードを食べてくれません。

 

チーズや牛乳、ハムなどをおねだりするのですが、キャットフードを食べてくれないため、仕方ないとあげてしまい、人間の食べ物は塩分が高いから止めるよう獣医師さんに言われ続けています。

 

そんな我が家の2匹のお悩みを一度に解決してくれたのがカナガンキャットフードでした。

 

カナガンキャットフードは幼い猫からシニア猫までライフステージを問わず、安心してあげられる全世代対応型で、化学的な成分や添加物などは無添加で、人間も食べられる高品質な自然な素材のみで作られています。

 

 

ブロイラーばかり食べている人間にも珍しい平飼いされた上質な鶏肉をメインに、

腸内環境を整え、エネルギーにもなるサツマイモや代謝の促進や免疫力アップに役立つ野菜や果物、海藻など、猫には通常あげにくい健康食材も含まれています。

 

さらにマリーゴールドやクランベリー、カモミールなどのハーブ類も含まれていて、尿路結石の予防など疾病予防にも働きかけます。

 

キャットフードの種類が1つだけになったので、老猫が若い猫のキャットフードを奪って食べることもなくなったうえ、これまでキャットフードに見向きもしなかった若い猫ちゃんもカナガンキャットフードは喜んで食べるので驚きました。

 

無添加で安心で高品質な食材を使っているというのが、猫にも分かるのでしょうか。

 

味も美味しいみたいで食いつきがよく、カナガンキャットフードを食べるようになってからは、人間の食べ物を欲しがらなくなりました。

 

肥満が悩みの猫にもカナガンキャットフード

3歳の雌猫を飼っているのですが、肥満の症状にずっと悩まされていました。

 

運動も家で出来るだけ一緒に遊ぶようにして、おこなっているのですが、なかなか肥満体質はよくなりません。

 

この間、動物病院のデジタル機器で体重と体脂肪をチェックしていただいたのですが、やはりかなりの肥満気味ということでした。

 

体脂肪率が35%なので、かなりの体重過剰ということで、普段の餌を見直すようにと注意されました。

 

猫の肥満は、心臓や呼吸器に負担がかかり、糖尿病や椎間板ヘルニアを引き起こす原因となるそうです。

 

とにかく食事量を減らして体重調整をした方がよいと言われました。

 

そこで栄養バランスのよいキャットフードを探していたら、友人からカナガンキャットフードを紹介されました。

 

今までホームセンターなどでキャットフードを購入していたのですが、こうした量販されているキャットフードの成分は安価な材料で出来ているそうです。

 

 

またキャットフードの多くが安い材料である穀類を使用しているため、消化が悪く、腸内環境も悪くなり、糖質過剰となるため、猫が太り易くなってしまうそうです。

 

 

穀類というと、我々人間にとってはご飯やパンなどを食べることはごく普通のことですが、猫にとっては消化の悪いものを食べることによって、健康を害し、肥満の素になってしまうのです。

 

カナガンキャットフードは高品質なタンパク質が含まれているキャットフードですので、猫の健康のためにも、さっそく、愛猫のためにキャットフードをカナガンキャットフードに変えてみることにしたのです。

 

キャットフードのパッケージを見ると、乾燥チキンや、骨抜きチキンの生肉が原料として使用されており、キャットフードにしてはさすがに高級品だなと思いました。

 

太り気味の猫の場合だと、これまでよりも1割ほど減らしてカナガンキャットフードをあげるとよいとありましたので、さっそくいつもの量よりも減らしてみました。

 

一か月ほど経つと体重が1キロ程減り、毛並みもなんとなくですか良くなってきたように感じられました。

 

体重が少し落ちたせいか、動きもなんとなく速くなってきたように感じます。

 

これからもカナガンキャットフードを続けていこうと思っています。

 

カナガンキャットフードは年齢に関係ないのでとても助かる

私は12才と8才、3才の猫を飼っているのですが、昔から猫が大好きで一人暮らしを始めたら絶対に飼いたいと思っていたのでその願いを叶えることができて幸せな生活を送っていました。

 

もちろん大好きな猫と暮らしているからと言って良いことばかりではなく、きちんと世話をしなければならないので大変なことも沢山あります。

 

しかし猫の世話をするのは飼い主にとっては当たり前のことなので私はそれほど苦には感じなかったのですが、キャットフードに関してはとても困りました。

 

 

3匹飼っていると言うことで猫の食費も大変なのですが、それ以上に愛猫が健康に長生きしてくれるにはキャットフードに十分に気を付けなければならないと考えていました。

 

 

しかも猫の年齢に合わせて与える物を変えなければならなかったのでけっこうきつかったのですが、カナガンキャットフードに出合ってからその必要はなくなりました。

 

カナガンキャットフードは年代に関係なく与えることが出来ると言うことで私は直ぐに注文したのですが、今まで全てのライフステージに対応したキャットフードがあることを私は知らなかったのでとても驚きました。

 

また乾燥チキンと生肉チキンが主原料で豚や牛、魚等が使用されていないことも魅力の一つでした。

 

私の飼っている猫の中に魚アレルギーの子がいるのでこの点は気になっていたのですが、魚が入っていないと言うことで安心して与えることが出来ました。

 

その他にも穀物類も人工添加物も入っていないと言う点も飼い主にとってはとても嬉しいことで、特に穀物類が含まれていないと言うのは本当に有り難いことでした。

 

うちの猫は穀物類を食べると直ぐにお腹を壊して大変なことになるので心配だったのですが、穀物類が入ってないと言うことで安心して食べさせることが出来ました。

 

このようにカナガンキャットフードは栄養満点で猫にとってあまり良くない物は含まれていないので大変助かっていますが、特に年代に関係なく与えることが出来る点が私にとっては大きな魅了です。

 

ですから今後も3匹の愛猫にカナガンキャットフードを与えたいと思っています。

 

猫もカナガンキャットフードでセレブミール

人間が食べ物に気を使って、長生きしようとするように、ペットだって体によいものを食べて長生きしてもらいたいと思うのが飼い主の気持ちです。

 

そこで昨今のヘルシーブームに乗って、私もキャットフードの見直しをする事にしてみました。

 

口コミサイトをあれこれ閲覧して、初めて知ったのがイギリスのカナガンキャットフードの存在でした。

 

しかし、ペットショップの店頭で見かけた覚えはありません。

 

それなのにどうして皆さんがカナガンキャットフードを入手しているのかと思ったら通販で購入できるという事で、早速我が家も公式サイトから購入する事にしました。

 

購入前にカナガンキャットフードの詳細について拝読してみた所、今まで自分がこれでよし、と思い込んでいたキャットフードが間違えだらけだったことに気づきました。

 

というのもカナガンキャットフードにはなんと60%もの鶏肉が含まれていて、この淡白質が猫にヘルシーな毛並みと皮膚、筋肉を与えてくれるというのです。

 

 

これまでうちでは穀物主体のえさを与えていた時期があるのですが、これは猫にとってアレルギーや皮膚トラブルを引き起こす原因になっていたという事が分かりました。

 

このほかにも野菜が豊富に含まれていたり、消化を助けるハーブやミネラル一杯の海藻が含まれているという事で、これは買うしかない、と一気に決意しました。

 

 

実際にえさを見てみると、球状ではなくペタンとつぶした形なので食べやすそうですし、人間の私がにおいをかいでみても美味しそうな天然の素材の香がします。

 

実際猫が食べている様子を観察してみると一目散に走ってきて必死に食べているので相当美味しいのだろうな、と察します。

 

一袋で大体1ヶ月は持つ上、旅行時はジップロックなどに小分けしてもっていく事ができるのでとても便利です。

 

何よりも猫が美味しそうに食べてくれる様子を見ると、いい事をしたなぁと思え、又猫の毛並みが以前よりもよくなった気がします。

 

これもきっと穀物を減らして淡白質たっぷりの肉を摂取するようになったからかな、と思います。